カマグラを知り変わった
素敵な生活!俺の一番の
バイアグラジェネリック

カマグラはバイアグラジェネリック

インドはジェネリック薬品が沢山流通しており、その理由は他国との医薬品においての特許観念が相違しているからです。
通常特許が切れていないものはジェネリックを開発することはできませんが、インドにおいてはそれが可能となるのです。
カマグラはインドのムンバイにあるAjanta Pharma Limited.(アジャンタファーマ製薬会社)が製造、販売しているバイアグラジェネリックです。
バイアグラの有効成分シルデナフィルは特許期間が2013年5月17日に過ぎているので、たくさんのバイアグラジェネリックが開発されています。
日本国内でも東和薬品株式会社からシルデナフィル錠が販売されています。
しかし、それでも日本国内のバイアグラジェネリックは海外のものと比べても安くなく、保険も適用されないことから中々手に入りにくいものです。
カマグラは1錠500円程度で、日本のジェネリック薬品の約半分の値段で購入することが出来るのです。
さらに日本国内では薬事法により、シルデナフィルは50mg以下のものしか販売してはいけないことになっており、インドのものだと100mgのものも販売されています。
この100mgを半分にカットして使用することでコスト面も非常に落とせるのです。(日本人は50mgで十分だとされている)
他のED治療薬のジェネリック薬品も多数インドで開発されていますが、やはりアジャンタファーマ製薬会社のカマグラが断トツの人気となっています。
ED治療薬は、日本国内では医師に診断してもらい、処方箋がなければ購入できません。
しかし、海外のED治療薬であれば個人で使用する場合に限り、ネット通販などで購入することが出来るのです。
海外の医薬品となると少し不安に感じるかもしれませんが、インドのジェネリック薬品は値段の安さなどから貧困地域で大いに活躍しており、国境なき医師団では欠かせない存在となっているのです。
有効成分が先発薬と全く同じなので、もちろん効能や作用も同じになります。
もちろん、先発薬を使用しても聞かなかった場合は、ジェネリックも同じように効果は得られません。
EDに悩んでいるけど、どうしても金銭面や、病院へ行くことに抵抗がある人などは、インドのジェネリック薬品チェックしてみる価値はあるでしょう。